株式会社東亜リサーチ
地域企業とともに半世紀株式会社東亜リサーチ
〒090-0817 北海道北見市常盤町3丁目16番42号
TEL 0157-23-6288 / FAX 0157-24-1033

オホーツク左見右見(とみこうみ)

 お前んとこ、新人、どうだい? しっかりやってるかい‐というのが、はい、昨今の経営者若しくは経営幹部の集まりの際のハナシのタネなんだそうで、「あ
りゃ、オレんとこは新しいの入ったんだよ、どうだ、すごいだろ、という自慢がいいたいだけなんだよ、口火を切る経営者は」と少々お冠の向きも少なくないようですが、御社は、どうです?

経営者の大型連休の過ごし方
どう?新入社員は  脱イエスマン、できる人材を見極める

 ちょっと、緊張の糸が切れたみたいだよ、何やっているのかがわかんなくなっているようで、注意力散漫、早くも馬脚を現した感じで、いつまで続いてくれるやら‐と、はい、状況判断はマチマチですが、なかには「なんだい、最近の大学はイエスマンばかりこさえるんだね」と苦虫をかみつぶしたようなお顔の経営者もおられます。ま、財界はあげて使い勝手のいいタマであればいいの、大学なんてテイのいい職業訓練の場であればじゅうぶんと国にアツをかけてきた経緯もありますから、結果、そうなって当然なんでしょうし、第一、入学するや就活ですから、企業面接でいかに好印象を与えるかがまさに大学生活の最終目標のようですから、イエスマンでなけりゃ勤まりません、大学生は‐なんてことはいいませんが、キラキラネーム第一世代なんていわれる新社会人諸君にしたって、ま、入社1か月ですから、お疲れなんでしょう、たぶん。いやいや、疲れてなんかいないよ、あれだ、ゴールデンウィーク、そっちに全身全霊が向いちゃってるだけで、会社に来てコンディション整えてるって感じだよ、なんていっては身も蓋もなくなる次第で、さすが、お目の高い経営者諸氏でありますから、子や孫の世代の新入りの長所短所はお気づきのはず。ここからですよ、人材育成のキモは。いやあ、そこんとこは現場にまかせてるから、なんておっしゃるけど、あんたんとこ、何人いるの? 従業員。三十人や五十人いたって、そりゃ、いけません。経営者の風下にも、なんていわれてない? 現場責任者に。それこそ、責任逃れで、ほら、お局さん、あっちの方向いて舌打ちしたの、わかりません? さっき出されたコーヒーカップ、縁欠けてるの、分からなかった? 評判通りなのか、評判倒れだったのか、元の木阿弥に戻っちゃったのか、その程度でしかなかったのか、猫かぶっていたのか、度胸決めたのか‐はい、そのあたりを見極めるのが大型連休明け、ですぞ。そして、この見極めこそが、経営者のダイゴ味とおっしやる経営者もおられます。はい、大型連休こそ人材育成の深謀遠慮を、あれこれ巡らす適時であります。連休呆けなどしていたら、怖いですぞ、お局さんが……。

Copyright© 2011 TOA RESEARCH Co.,Ltd All Rights Reserved.