株式会社東亜リサーチ
地域企業とともに半世紀株式会社東亜リサーチ
〒090-0817 北海道北見市常盤町3丁目16番42号
TEL 0157-23-6288 / FAX 0157-24-1033

オホーツク左見右見(とみこうみ)

 そんな所信表明、知らないなぁ‐なんておっしゃる方もいるようですが、あれです、国会の質疑応答のあれこれは、委員会審議の果てまで、公開されておりますから、どうです、いちどネットで検索されては? 

七十歳まで働きましょう
条件整備はお任せ  人生百年時代は甘いか酸っぱいか?

 はい、永田町と霞ヶ関界隈のご住人たちの、なんといえばいいのか、ノー天気というか、夜郎自大というか、そのあたりが即興劇風に披露されるわけで、個人的な見解ではありますが、おもしろうてやがて哀しきというか、ああ、あとは野となれ山となれ、今だけカネだけ自分だけなんだぁ、やっぱり、といった、切ない気分に陥るのではありますが、はい、ついでといってはなんですが、全世代型社会保障の件(くだり)の所信を紹介させてもらいます。すでにして旧聞のタグイではありますが……。「一億総活躍社会の完成に向かって、多様な学び、多様な働き方、そして多様なライフスタイルに応じて安心できる社会保障制度。三つの改革に、安倍内閣は果敢に挑戦いたします。(六十五歳を超えて、の件が入るわけですが、省略)。意欲ある高齢者の皆さんにに七十歳までの就業機会を確保します。いつまでも健康でいられるよう、予防にも重点を置いた医療や介護の充実を進めます。同一労働同一賃金によって正規・非正規の壁がなくなる中で、厚生年金の適用範囲を拡大し、老後の安心を確保します。年金、医療、介護、労働など社会保障全般にわたって、人生百年時代を見据えた改革を果断に進めます。令和の時代にふさわしい、子どもからお年寄りまで全ての世代が安心できる社会保障制度を、大胆に構想して参ります」。果敢に挑戦し、果断に進め、大胆に構想してまいります、と果敢、果断、大胆の重ね打ちであれですけど、キモは七十歳までの就業の機会の確保でしょう。人生百年時代なんだから、それくらい頑張ってくれないと、ダメだよ、これって自己責任だよとの宣告でありまして、はい、すでにして、その制度づくりが山場を迎えている次第で、働き続けたい従業員の希望に応えるため企業が用意する七つの選択肢が成長戦略に盛り込まれましたから、もう、待ったなしなのであります。で、成長戦略に盛られた七つの選択肢でありますが、ま、努力義務とはうたってますが、そんなもの知らないよ、どうせ大企業御用達の決めごとでしょう‐なんていわないで、いずれは中小、小規模事業者も制度の網にすくい取れちゃうんだから、ちょっとは掴んでおいた方がいいんじゃないでしょうか。ま、七つとはいっても、うち三つはすでに義務化されておりますけど、でも、この選択肢ってのは、いろいろ落とし穴がこさえられているようではあります。

Copyright© 2011 TOA RESEARCH Co.,Ltd All Rights Reserved.