株式会社東亜リサーチ
地域企業とともに半世紀株式会社東亜リサーチ
〒090-0817 北海道北見市常盤町3丁目16番42号
TEL 0157-23-6288 / FAX 0157-24-1033

オホーツク左見右見(とみこうみ)

 何度でも口酸っぱくして言いますけど、税制は公正、中立、簡素を旨としております、本来は。でも此度の消費税率引き上げは、はい、複雑怪奇としか形容できないシロモノであります。軽減税率の導入。分かります? 

増税いいのかなぁ
国が負担するから“お得”だって  厚化粧施し複雑怪奇、不可解至極に

 低所得者層対策と巷間言われてますが、どうなんんでしょう。真逆に思えて仕様がないのですが、ひがみ、そねみはおくとして、にしても、その実際、わかります? 本音悟られないようにいろいろデコレートを凝らしたものだから、なんとも不明瞭至極であり、税制の主旨とはまさに真逆、としか思えないのですが……。ついでに言わせてもらいますが、キャッシュレス決済の、ポイント還元。あれって、なんなんでしょう? お金持ち歩くのは遅れてるの、これからはノーお財布、なんて持て囃されておりますが、じゃあ、キャッシュレス決済のポイント還元の原資は? あれです、週刊誌なんぞは「国が負担するの。だから、お得ですよ」なんて宣っておりますが、あんた、国が負担するってのは、国民が負担するってことで、いってみれば消費者にツケが回されることでしょう、んなことくらい、分かんないの! と叱りつけたい気分になるのは、老コラム子ひとりでしょうか。とにもかくにも、不可解至極としか言いようがありませんが、此度増税、厭な予感がして仕様がありません。「いやあ、駆け込みとやらを期待していたんだけど、アテがまったく外れ、実際は節約、買い控えで二進も三進もいきません」とお嘆きの声が巷にあふれているとのご指摘も頂いた次第で、折も折、「あんた、大変なことになるよ、これから」とは、時折コラムに無断でご登場願い、「今日の飲み代は、だから、お前持ち」が昨今、口癖となっておられる件(くだん)の経営者氏のおコトバであります(以下)。「うちらの業界で5%アップからこのかた、給料上げたとこ、ないんじゃないの。で、実際の取り分は減ってるの。うちの経理担当のお局氏が言うんだから間違いない。でありながら、増税だ。社会保障関連の負担は上がる一方だし、老後の敷居は年々高くなるし、ま、社員にしてみれば理不尽に降りかかる重い負担だよ。わかる? しかもだよ、あんた、生産年齢人口がどれだけ減ってるか、わかる? 百万人だよ、百万人。年間こんだけ減れば、個人消費だって減るしかないし、年寄りの財布は、こんだけの仕打ちを受けりゃ、固くなる一方。どうすんの!」。以下、略。お説の通り個人消費は冷え込むでしょう、間違いなく。そういえば7月の国内実質賃金の確報値は速報値(0・9%減)から1・7%減と大きく下振れ。7か月連続の大幅マイナスで、商業購買力も8か月連続の大幅マイナスだそうです。蛇足ですが……。

Copyright© 2011 TOA RESEARCH Co.,Ltd All Rights Reserved.