株式会社東亜リサーチ
地域企業とともに半世紀株式会社東亜リサーチ
〒090-0817 北海道北見市常盤町3丁目16番42号
TEL 0157-23-6288 / FAX 0157-24-1033

Weeklyオホーツク


 『東亜興信新報』 4月16日号 第2119号ダイジェスト

 

 ■30年度オホーツク管内倒産発生状況      当社集計所

 
 10件、16.8億円  小規模傾向鮮明に  平均業歴20年、大幅“若返り” 

 件数は過去10年で最少、負債規模ではほとんどが1億円未満‐。当社はオホーツク管内における平成30年度の企業倒産発生状況をまとめた。発生は10件、16億8千万円だった。

  
 ■「道北地域の企業短観」              日本銀行旭川事務所

 
 事業採算「改善」か   業況判断は先行きも悪化

 日本銀行旭川事務所は、このほど「道北地域の企業短期経済観測調査結果 3月」(短観)を発表した。業況判断DIは+7。前回12月調査に比べ4?悪化した。先行きは▲2。引き続き悪化し、「悪い」超に転化するとの予測。

 
  ■紋別‐羽田便搭乗者数               オホーツク紋別空港

 
 搭乗者「最多」達成 

  オホーツク紋別空港発着の東京直行便(ANA)の30年度搭乗者数が、過去最多の7万3千人台を達成した。

 
  ■定期総会開く                    紋別漁業協同組合

 
 ホタテ漁振るわず  取扱金額前年割れ 

 紋別漁業(協)(152人、飯田弘明組合長)は、このほど定期総会を開き第70年度事業年度業務報告を承認した。取扱金額は76億6千万円で、資源回復途上にあるホタテ漁業の不漁が大きく影響
し、前年度実績(99億8千万円)を大きく下回った。


 ■西興部村バイオガスプラント


 
 近く本格稼働へ   村営形式で持続可能な酪農へ布石 
 

 西興部村が東興333、334で建設を進めてきた「西興部村バイオガスプラント」が5月バイオガス供給の本格稼働態勢に入る。バイオガスは、地域の酪農家から乳牛ふん尿、敷料、雑排水を受け入れ、発酵処理を施しで製造。プラント隣接地の発電会社(合同会社)に販売する。家畜排せつ物処理能力は約88d/日。

情報購読会員申込みについて詳しくはこちらをご覧ください。
株式会社東亜リサーチ
Copyright© 2011 TOA RESEARCH Co.,Ltd All Rights Reserved.